看護師がスキルアップするための教育体制

スキルアップを目指す看護師の方必見!

看護師がスキルアップするための教育体制

看護師国家試験に合格するために基礎知識や必要最低限度の看護技術は身につけているはずです。例えば次のような項目です

・救急医療
・緩和ケア
・精神科に関係してくるメンタルケア(精神看護)
・老人看護(認知症や介護)
・子ども介護
・感染看護

しかし実際の臨床現場では新人看護師は「知識不足」「技術不足」「経験不足」を実感しています。新卒看護師は「セミナー」や「勉強会」や「実践的な臨床指導」が必要です。スキルアップできる環境が整備されている教育体制が充実した病院がいいでしょう。

看護師になって3年未満の経験で「自分の能力が劣っている」と感じるならば教育体制に問題があるかもしれません。転職をそろそろ検討するタイミングでしょう。病院の方針として教育体制の充実を考えていれば(1)新人看護師(2)ベテラン看護師(3)管理者まで<一貫した教育システム>が構築されているからです。

新人看護師には患者様とのコミュニケーションスキルや接遇スキル、心電図や採血の検査機器について学べます。ベテラン看護師には部下を指導するコーチングやリーダーシップに関してスキルアップできるカリキュラムを用意しているところもあるのです。

看護師の仕事は多忙を極めますから毎日毎日が追われる状態です。そんな中でも日進月歩の医療に進歩に遅れをとってはいけません。

常にスキルアップを意識しておくことが大切です。たとえば<資格取得>を目指してスキルアップする方法もあります。1番目は<専門看護師資格>です。こちらは11の専門分野があります。例えば「在宅看護」「家族支援」「小児看護」「老人看護」「精神看護」「がん看護」などです。

2番目は<認定看護師資格>です。こちらは合計21の分野があります。例えば「不妊看護」「認知症看護」「感染看護」「糖尿病看護」「訪問看護」「緩和ケア」「集中ケア」「救急看護」などが有名です。エキスパート看護師を目指すならば、このような資格に挑戦するのもいいでしょう。

また潜在看護師を復職させる目的の研修会は日本看護協会のナースバンクでも積極的にとりくんでいます。以上、看護師がスキルアップするための教育体制についてのお話をしました。