手術室看護師の就職先[企業]

手術室看護師の転職先

手術室看護師の就職先[企業]

病院をはじめとする医療機関で活躍がイメージされやすい看護師ですが、“企業看護師”として企業に勤めるといった選択肢もあります。

企業内に設けられた医務室や健康管理室(または人事部所属)で、産業医と連携しながら従業員の健康管理・指導に勤めるのはもちろん、就職先によっては企業内の診療所勤務やコールセンターでの電話対応など、ケースによって様々な業務を担っているのがこの企業看護師です。

よく知られる“治験コーディネーター(CRC)”もこの企業看護師と言えます。治験コーディネーター(CRC)は、治験の実施において参加する患者さんや医師、製薬会社、その他のスタッフとの間を取り持つ非常に重要な職業です。

新薬の服用に際しての説明や指導を行い、治験のスケジュール管理、また報告書の作成など、治験には欠かす事の出来ない存在として注目を集めている職業ですね。

多岐に渡る企業の手術室看護師の業務内容ですが、一般的には産業医のスケジュール管理や従業員の健康相談・管理、健康診断の報告書作成やデータ管理などがありますので、看護師としてのスキルやキャリアはもちろんパソコン操作も必要になってくるでしょう。

また、企業に設けられた医務室や健康管理室は、分かりやすく言えば学校でいうところの「保健室」にあたります。
助産師の求人転職をお探しの方

もちろん疾患や怪我を負った従業員の応急処置や、メンタル面の相談に乗る事も重要な業務です。 近年では、従業員の健康管理に力を入れる企業が増えてきました。

多くの従業員の健康を支えるために、看護師としてのスキルやノウハウが問われ、また大いに発揮できる職場です。

また、職場は少人数の看護師で編成されるケースが多く、そこから従業員の皆さんとコミニュケーションを取り健康管理にあたっていく訳ですので対人スキルが問われると同時に予防医学への関心も持つ必要があります。

企業看護師の就職先は「企業」です。夜勤や休日出勤の多い病院勤務の看護師に比べ 土日祝が休みである場合がほとんどですので、プライベートの確保というメリットがあります。

准看護士として働く上での待遇のポイント

准看護師として働く上で特徴についてです。 まずは給料についてですが、よく言われているのが准看護師は看護師 よりも給料が低いという事です。准看護師は看護師よりも2~3万円ほどの差が出てくると言われており、小さくはない額の差があります。

ですが、准看護師の給料が低いという訳でもありません。 営業や事務などの一般職と言われる職に比べれば、准看護士も専門職のため、スタート時の年収は高めです。あくまで看護師と比べてという事です。

准看護師でも一つの職場でしっかり働いていけば年収は500万円ほどまではいきます。 逆に看護師であっても繰り返し転職をしてしまうなどだと中々給料が上がらず、准看護師と看護師でそこまでの差がないという事もあります。 また、年収500万円となれば、他の職種と比べても悪くない金額です。

准看護士として早いスタートを切り、一つの職場で頑張っていくのは良い選択とも言えます。 自分の働き方についてよく考えて准看護師として頑張っていきましょう。 仕事内容は看護師とそれほど大きく変わらないため、看護師としてのスキルをしっかり磨いていく事ができます。

准看護師は一番早くて18歳から仕事をする事ができるため、22歳の方が看護師のキャリアをスタートする頃には一通りのスキルを身に付けられているという事も多いです。 早く仕事を始められるのは准看護師の大きなメリットです。

また、スキルは身に付いていても准看護士と看護師で区別されるかもしれませんが、仕方がない面もあります。 役職については准看護師の方は管理職の立場にはなる事ができません。 准看護師の方はずっと准看護師という事になります。

ただし、長く勤めていると看護師資格を取る事ができるようになるため、准看護師としてまずは仕事をして、将来的には看護師へのステップアップも考えておくと、管理職も視野に入るようになるためお勧めです。 准看護士として仕事を始めてもしっかりとキャリアを積んで頑張っている方もいます。